日時 2009年5月27日(水)13時30分〜15時
    JR姫駅から徒歩10分
   
    【鳥の種類】 トビ、カラス、スズメ、ツバメ、キジバト、ムクドリ、
           イソヒヨドリ、ウグイス(声)


   
     子育ておやじ    


     姫の「コメリ」に駐車して、姫川を歩いた。田圃の中の道を奥の池まで歩
    いてゆくと、イソヒヨのオスに出あった。農具倉庫の屋根に止まって様子を
    窺っていた。突然、山の斜面の茂みに飛び込んだ。買ったばかりの双眼鏡(
    18倍)で覗くと、ムカデを咥えて道に放り出した。オオムカデが道でのた
    くっていた。
     イソヒヨは暴れ回るムカデを突きまわして弱らせると、口にくわえて飛び
    去った。雛に餌を運ぶのであろう。5月は愛鳥週間であるが、子育てに忙し
    い時期である。親鳥は食欲の旺盛な雛に、餌を運ばねばならない。
     人は子育てを放棄する輩もいるが、イソヒヨは子育てに熱心である。ピョ
    ンピョンと歩いては、落ち葉や茂みをくちばしで掻きまわり、虫を捕っては
    運んでいる姿は、「頑張れ、子育ておやじ」と、叫ばずにはいられない。イ
    ソヒヨは田圃の畔を塗る時、虫を捕食するため近寄ってくる。人慣れしたイ
    ソヒヨは、赤い腹毛と青い体毛をもったきれいなツグミの仲間であるが、見
    かけによらず働き者である。