熊野川体感塾


 住所 三重県南牟婁郡紀宝町北桧杖203

 Tel 0735−21−0314    代表 谷上 嘉一

 料金 5000円(昼食付き)

 コース 川船下り 道の駅〜昼島(40分)
       
       昼島〜速玉大社(40分)

       散策 飛雪の滝〜宣旨帰りまで徒歩60分

 

 特色 三反帆の川船による川下り



 熊野川の川船は団平船と呼ばれている。この船は、全長8.6メートル、幅1,6メートルで、天竺木綿でつくられた三反帆で熊野川を下ります。船外機を使わないので、かわのせせらぎを聞き、野鳥のバードウォチングを楽しめる。ここで見られる野鳥は、ダイサギ、カワセミ、マガモ、アオサギなどであるが、自然の姿が観察できる。

 また、キャンプ場の近くでは川遊びができ、アユ、ウナギ、コイ、スズキ、ノボリ、カワエビ、モクズガニなどの魚取りができる。

 川下りは3月から11月まで楽しめる。ぜひとも、一度体験してほしい。病みつきになることを保証する。



 
団平船体験記

 2010年8月、熊野川体感塾に参加した。料金は一人5000円で申し込み前は割高に感じた。しかし。川船に乗って宣旨帰りの熊野古道を歩き、昼食を食べると、「これは安い!」と、感動した。

 特に、浅里地区の婦人会による郷土料理は一同を堪能させた。
 料理メニューは、
田舎汁、めはり寿司、かきまぜのおにぎり、鮎のフライ、つけもの、なますなどがついており、満腹させられた。田舎料理を堪能したい人にはお薦めである。

 昼島に上陸してみんなで喋っていると、川風が心地よく頬を撫でて去った。

 「来年も来たいね」

 全員心からそう思った。





団平船